安冨祖流とは?・参考文献

安冨祖流とは

(注1)(ペーチン)琉球の士族の位階
(注2) (ウェーカタ)士族が賜る最高の称号
(注3) (サトゥヌシ)琉球の士族の位階
(注4) (クンクンシー)三線の楽譜

安冨祖流の由来

当流始祖屋嘉比親雲上(注1)(朝寄)は、尚敬王の側近、謡曲の師匠として音楽的才能を発揮し、謡曲によって得た知識と体験とにより、琉球古謡を参酌し、湛水親方(注2)から澤岻・新里・照喜名の各師匠を経て継承された歌道をとって三絃楽を改革し、又、新しく作曲して当流を打ち立て、支那楽譜を用いて初めて琉球声楽の楽譜を作り、豊原里之子(注3)親雲上及び仲田里之子親雲上に之を継承した。豊原里之子親雲上は、屋嘉比親雲上の歌道を正しく受け継ぎ、之を知念積高という音楽の大天才を養成して世に出した、特筆すべき人である。

知念積高は、豊原里之子親雲上に歌道を学び、音声曲節兼ね備わった音楽の大天才で、豊原師も「彼、歌道を伝えて吾に優れり。」と賞賛されたとのことである。

知念積高は、屋嘉比師編纂の楽譜を点検し、不備の箇所を整備し、なお自作による「花風」等を入れて工工四(注4)を編纂、当流を完成し、之を安冨祖親雲上、並びに翁長、野村両里之子に伝承した。
安冨祖親雲上は、知念師の歌道を正しく受け継ぎ、終始一貫当流の正派を守り、安室親雲上を後継者として厳格に養成した人である。
安室親雲上は、金武良仁を育て工工四を編集し現在の安冨祖流の基礎を築いた。
琉球古典音楽は屋嘉比親雲上以来当流と呼ばれて来たが、昭和2年(1927)金武良仁中心に安冨祖流絃聲会が設立され現在に至っている。

安冨祖流とは

安冨祖流マークの由来

安冨祖に因んでカタカナの「ア」を図案化したもの、制作 末吉安久(昭和35年頃)
また、末吉氏は安冨祖流「楽祖の碑」も設計した。

安冨祖流道統図
安冨祖流道統図
安冨祖流道統図

安冨祖流の管理している書籍です。
ご希望の方は、当サイトのお問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせ下さい。
商品はお振込み確認後、着払いで郵送にて発送します。

連絡先:安冨祖流絃聲会 上地 正隆 080-1726-7436

book book book book
声楽手様譜附教本第1巻 声楽手様譜符教本第2巻 舞踊地謡工工四第1巻 安冨祖流工工四上中巻
販売価格 3,500円 販売価格 3,500円 販売価格 4,000円 販売価格 3,500円
book book book book
安冨祖流工工四下巻 組踊地謡工工四 深山幽谷 当流の研究
販売価格 3,500円 販売価格 3,000円 販売価格 3,500円 販売価格 5,000円
ページトップ
このホームページに掲載されている写真・ロゴ・文章の無断転載を禁じます。